7月2日(水)に神楽坂explosionで行われる予定だったわたしのポエトリーイベントは、残念ながら中止となりました。 ライブハウスの天井防音工事のためです。 イベント自体は、7月24日(木)に移動しますが、わたしはそちらには出れないのです。 天井防音工事に負けて残念ですが、8月21日に向けてまたよりよいものを練り上げるか、あるいはどこかのイベントに出させていただくかな?などと思っています。 ★  ★ いろいろばたばたしている日でしたが、なんとか生きています。 事務所の前の道に、葉っぱなどに隠れて気づかなかったのですが、犬の糞が落ちていたようです。ハエが飛び交っています。さすがにわたしが掃除しないと・・・と思って、スコップで拾い上げたりすると、まるで人糞のような、太い糞。しかも数日前の糞のようで、なかはやや空洞、そして、持ち上げたとたんに暴れ狂う、ダンゴムシの群れ、群れ、ざわざわ! そのときわたしは思ったのですが、犬糞は食物連鎖のひとつであり、ダンゴムシたちの貴重な食料になっているのかもしれません。  東京で手をつなごう、これこそエコか?犬糞による食物連鎖の絵巻物・・・・。  犬糞がつなぐ、はるかな大陸へのあこがれ、連鎖の、命の、ハーモニー。 とはいえ、近所の目もあるので、ダンゴムシにたかられながら、一生懸命袋に入れて掃除しました。そして、その袋を自宅に持って帰って、燃えるごみとして捨てました。 電車のなかで唱える言葉、いまわたしは糞を持っています、いまわたしはダンゴムシも抱えています、わたしの丸善の紙袋のなかには、なりかけたビオトープ、犬糞が入っています、だけどそんなことは、本当はたいしたことではないのよ、人はみな人糞を抱えて生きている、そして誰もがダンゴムシをその身体のすみずみに飼っている、わたしの身体にも、生き生きとしたダンゴムシの群れ、あなたがほしいよ、あなたがほしいよといい続けるダンゴムシの群れ、ネックレスみたいに、た か る。 犬糞を丸善の袋に入れての帰宅。マッドシティーさんの映像の「俺はいま紙袋にうんこを持っているぜ」を思い出しました。そんなふうに、見て見ぬふりや、あってないようなふりの出来ないひとが、糞まみれになりながら、食物連鎖の一部に組み込まれて、アリガトウアリガトウと噛み付かれながら崩れてゆく音が、します、ああ、ありがとう、ありがとう、飼い主さん、犬糞を、ダンゴムシを、連鎖のいぶきを、においたつ土砂を、こんな気分を、飼い主さん、ありがとう。 ♪