http://jp.mobile.reuters.com/article/topNews/idJPKBN1780QQ

[フランクフルト 6日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は6日、現在の金融政策スタンスを見直す必要性はみられないと述べた。

当地で開催された会議で「記者会見の冒頭で一貫して示している認識から外れる理由はない」と述べた。

また「金利、資産買い入れ、フォワードガイダンスといったスタンスの構成要素に選択肢を設けるには、インフレ率が中期的にわれわれの目標に近づいており、あまり緩和的でない金融政策状況でもその状態が維持されると確信する必要がある」と指摘した。

2017年 4月 6日 4:47 PM JST

コメント一覧
電車内、子ども抱っこした母親に「席座りますか?」断られることも… 理由を説明したマンガに反響
http://deone.ezua.com/arc_text/14.html

kjuuu
もはや独だけで支えてる第四帝国、メンケル婆さんが引退すればEU崩壊かも